Varnishの主な特徴

これは下記の原文を簡単に翻訳した内容です。

原文ページはこちら
Varnish features explained

0-1. 目次

  1. 設計
  2. VCL
    1. VCLの補助特徴 「inline C」
    1. ロードバランシング(負荷分散)とバックエンドの健康状態の調査
    2. Edge Side Includes – ESI
    3. 停止そして低速なバックエンドを優美にハンドリングする
    4. WEB管理画面のユーザーインターフェース
    5. 管理ポート
    6. URLのリライトとリダイレクト


    0-2. Design

    設計

    One of the main features of Varnish is its design. Varnish is a modern program, designed and written for modern operating systems. To read more about the thoughts that lie behind the design see the architect notes.

    Varnishの主要な特徴の一つは、その設計です。Varnishは最新のオペレーティングシステム向けに設計され記述された最先端のプログラムです。

    より多くの、設計の真意の思案について読むには、設計者ノートを参照してください。
    設計者ノート

    0-3. VCL

    Another main features of Varnish is its configuration language. VCL is a domain specific language. Varnish compiles the configuration into binary code and runs it. VCL can be loaded and replaced on the fly.

    Varnishのもう一つの主要な特徴はその設定言語です。VCLはドメイン固有言語です。
    Varnishは設定をバイナリーにコンパイルし、それを実行します。VCLはその場で読み込み、置き換えられます。

    ※ドメイン固有言語
    特定の用途向けに特化した言語のこと。ここでのドメインという言葉は「開発の対象領域」という意味です。

    All this adds a lot of speed and flexibility. To read more about the VCL read the manual page “man vcl” and check out the VCL examples.

    以上全てが、かなりの速さと柔軟性をもたらします。VCLについてより多くを読むには、説明ページ「man vcl」を読むか、こちらのVCLの記述例を確認してください。

    VCLの記述例

    0-4. A sub-feature of VCL – inline C

    VCLの補助特徴 「inline C」

    Varnish allows you to add C code in your VCL – giving you the option to easily expand Varnish on the fly. See this document for an explanation. For examples you can check out Geo IP using inline C or Syslog support in inline C.

    VarnishはVCL設定でC言語の記述を付け加えることを許可しています。
    その場でVarnishを簡単に展開するためのオプションが与えられています。
    説明はこのドキュメントを参照してください。

    Architects Notes: Inline C code

    例 インラインCを使ったGeo IP

    Hashing based on country throuh inline C and GeoIP

    例 インラインCでのSyslogサポート

    To log to syslog in VCL, you can simply use

    0-5. Load balancing and backend health polling

    ロードバランシング(負荷分散)とバックエンドの健康状態の調査

    As its quite common to use more the one origin servers to feed varnish it has a built in load balancer.
    This consists of two parts, the backend health polling system, which polls the backend health to determine what backends should receive traffic and what backends should be ignored. The other part is a director, which directs the request to the right backend.

    ロードバランサーを組み込んでいるVarnishを入れることで、
    一つ以上のオリジナルサーバを立てるのがとても簡単になります。

    バックエンドの健康状態を調査するシステムは、二つのことから成り立ちます。
    一つは、それはバックエンドにトラフィックを受け渡す、そしてバックエンドを無視することの結論をくだすためにバックエンドの健康状態を取得する。
    もう一つは、正常なバックエンドにリクエストを指示するdirectorです。

    ロードバランサーについてはこちら

    Load balancing with Varnish

    0-6. Edge Side Includes – ESI

    ESI allows you to split up your web page into components cache them individually. If you’re going to use Varnish to accelerate a dynamic web site with a lot of personalized content ESI is the key to success, more or less. Read more about it here.

    ESIは、Webページをコンポーネント分割し、それらを個別にキャッシュすることができます。
    もしあなたが、たくさんのパーソナライズされたコンテンツを含む動的WebサイトをアクセラレートするためにVarnishを使うなら、ESIは、成功への鍵となります。

    ESIの特徴はこちら

    0-7. Graceful handling of dead and slow backends

    停止そして低速なバックエンドを優美にハンドリングする

    Varnish can serve old content while the origin server generates new contant. Work is underway to ensure that Varnish can also keep serving content if the origin server is crashed. Please see Grace? for details.

    Varnishは、オリジナルサーバーが新しいコンテンツを生成している間、古いコンテンツを差し出すことができます。

    もしオリジナルサーバーがクラッシュした場合、Varnishは保持したコンテンツを送り続け、動作を確実に保証します。

    0-8. The web management user interface

    WEB管理画面のユーザーインターフェース

    If you’re managing a whole cluster of varnish servers you might find the Web GUI usefull. This is only a technology preview and should not yet be used in production. Expect this to be finalized in the Varnish 2.1 release which will be released sometime in 2009 Q2.

    もしあなたが、Varnishサーバーのクラスター全体を管理しているならば、便利なWeb GUIをを望むかもしれない。

    Web GUI

    これは技術プレビューであり、まだ使われるべき製品ではありません。
    2009年Q2にリリースする予定のVarnish2.1で確定することが期待されます。

    0-9. The management port

    管理ポート

    A running Varnish cache can be managed with a management port. You can just telnet in and upload a new configuration, change settings, etc. See Management port for a general description on how this works.

    稼働中のVarnishキャッシュは管理ポートで管理されます。
    telnet接続し、新しい設定をアップロード、設定を変更することなどができます。
    それをするための一般的な説明はこちらを参照してください。

    0-10. Rewriteing and redirecting URLs

    URLのリライトとリダイレクト

    Varnish can both rewrite and redirect URLs without any external programs. See redirects and rewrites for details on how to do that.

    Varnishは、拡張プログラム無しに、URLのリライトとリダイレクトの両方の機能を備えています。
    詳細な方法はこちらを参照してください。

    Rewriting and redirecting URLs in Varnish

    コメントを残す