「IT」カテゴリーアーカイブ

ASUSTORのNAS AS-202Tにてステータス異常HDDを交換(RAID1)

1. 目次

2. 概要

ASUSTORのNAS AS-202Tにて
RAID1を構成しているボリュームのHDDにて、2台中の1台のステータスが異常になった。
SMART情報での異常箇所は「Current_Pending_Sector」。
2台中1台のディスクに異常があっても、ボリューム自体のステータスは良好。

新しいHDDに交換することにした。

交換手順は
交換後のHDDの容量を元のHDDよりも大きいものにしたため、
ASUSTORの「既存のハードディスクをより大きなディスクに置き換える」を参考にした。
https://www.asustor.com/ja/online/College_topic?topic=352#31

もし同容量だったり容量拡張をしないなら、故障したHDDを外し、新しいHDDに差し替えるだけで再構築と同期が始まるのかもしれない。

3. 交換後のHDD

モデル SEAGATE ST3000VN007-2AH16M
SMART情報 正常

4. ステータス異常ディスク

モデル WDC WSD20EFRX-68EUZN0
ステータス 異常
SMART情報 不良

5. 異常時のストレージのボリューム情報

  • Volume 1
    RAIDレベル RAID1
    ステータス 良好

  • ディスク番号1
    モデル WDC WSD20EFRX-68EUZN0
    ステータス 異常(メディアエラー)
    SMART情報 不良

  • ディスク番号2
    ステータス 良好
    モデル WDC WD20EFRX-68EUZN0
    SMART情報 正常

6. NAS本体の情報

モデル AS-202T
プロセッサ Intel Atom 1.20 GHz Dual-Core Processor
メモリ 512.00 MB
ADMバージョン 3.4.1.R7Q6
BIOSバージョン 0.28 / 1.0023

7. 実践:HDD交換

HDD交換時、NASの電源を落とす必要は無し。

7-1. NASの管理画面にWebブラウザでアクセス

7-2. ボリュームのセットアップウィザードを開く

ストレージマネージャ->ボリューム->管理->RAID

1) ウィザード1

選択 「ボリューム1の既存のディスクをそれ以上大きいディスクと交換してください」
次へ

2) ウィザード2

ボリューム容量を拡大するための手順
1.古いディスクを取り外し、新しいディスクと交換します。NASはデータを新しいディスクへの同期を開始します。
2.同期が完了すると、[ステータス]フィールドの指示に従って次のディスクを交換します。
3.すべてのディスクの交換が終了したら、[容量の拡大]をクリックしてボリュームを拡大します。
[終了]をクリックして最初のディスクをの交換を開始し[ステータス]フィールドの指示に従って残りのディスクを交換します。

7-3. ステータス異常ディスクを取り外した。

この時、ボリュームのステータスは「劣化」に変化する。

7-4. 同じスロットに新しいディスクを差し込んだ。

この時、ボリュームのステータスは「再構築中」に変化する。
ディスクのステータスは「同期化中」
同期残り時間 推定4.5時間

7-5. 同期完了後

無事に同期が完了した。

ボリュームのステータス 良好。ディスクを容量の大きなものと交換してください。
ディスク1のステータス 良好
ディスク2のステータス 交換が終わるまでお待ちください。

7-6. 今回は容量を拡張しないので「中止」で作業完了。

ストレージマネージャ->ボリューム->「中止」をクリック

ボリュームのステータス 良好
ディスク1のステータス 良好
ディスク2のステータス 良好

Windows10の更新後、Bluetoothが「不明なUSBデバイス(デバイス記述子要求の失敗)」になった

1. 目次

2. 環境

  • OS
    Windows10 Pro 64bit

  • ハードウェア
    intel NUC5i3RYH
    BluetoothアダプタはWireless-AC 7265に内蔵

3. 症状

Windows10の更新プログラム「KB4497935」を適用したらBluetoothアダプタが認識されなくなり、
デバイスマネージャーで確認したら「不明なUSBデバイス(デバイス記述子要求の失敗)」となっていた。

4. 解決策

4-1. 「Microsoft Windows(KB4497935)の更新プログラム」をアンインストール

Windowsの設定->更新とセキュリティ->更新の履歴を表示する->更新プログラムをアンインストール
一覧から「Microsoft Windows(KB4497935)の更新プログラム」をアンインストール

4-2. Windowsを再起動

無事、Bluetoothアダプタがデバイスマネージャーで認識されたのを確認。

4-3. Bluetoothアダプタのドライバーをアップデート

  • ダウンロード
    インテルWindows 用のワイヤレス Bluetooth10
    バージョン: 21.10.1 (最新) 日付: 2019/05/21
    https://downloadcenter.intel.com/ja/download/28805/-Windows-Bluetooth-10?product=83635

BT_WIN10_64_20.120.2.exe

  • ダウンロードしたファイルをインストール
  • インストール後のBluetoothアダプタのドライバーバージョンの確認
    デバイスマネージャーで確認
    日付 2019/04/17
    バージョン 20.100.5.1

4-4. 「Microsoft Windows(KB4497935)の更新プログラム」を適用

更新プログラム適用後も、Bluetoothアダプタがデバイスマネージャーで認識された。

Bootcampで作成したWindows10で発生するVSS(シャドウコピー)エラー0x80042306を解決する

1. 動作環境

  • Windows10 Professional 64bit

2. 状況

Windows10の「バックアップと復元」やMacrium reflectなどのシステムイメージ作成機能を実行するとVSS(シャドウコピー)に関するエラーが発生しバックアップが完了しない。

3. この解決法が適用される環境

BootcampでインストールしたWindows10をシステムバックアップ。
そのバックアップを使ってWindows用マシンにリストアしWindowsを稼働している環境。

4. 解決方法

  • Sysinternals Autorunsをダウンロードし、適当なところにファイルを解凍する。
    ダウンロード

  • Autorunsを管理者権限で起動する

  • Filterでapplehfs.sysを入力する
    AppleHFSが抽出されるので、そのチェックマークを外す。

  • Windowsを再起動する。

これで無事、システムイメージが作成できるようになりました。

5. エラー内容

5-1. エラー内容 Macrium reflect

5-2. エラー内容 バックアップと復元

6. 参考にしたサイト

「TMD-Maker」T字形ER図作成用のeclipseプラグイン

egtmdiagram
なんと、T字形ER図の作図用ツールが、eclipseプラグインのオープンソースソフトウェアとして公開されていました。使い勝手も良くて、これからの機能追加に期待大です。

1) 詳細とダウンロード

http://sourceforge.jp/projects/tmdmaker/

2) 記事抜粋

TMD-Makerは、佐藤正美氏が考案したTM(T字形ER手法)の表記法であるTMD(T字形ER図)を作成するツールです。このプロジェクトは、 TMによるシステム開発をサポートする関連ソフトウェアをオープンソースソフトウェアとして提供します。TMとは、ビジネスを解析しながらデータベース構造も同時に作る手法です。

Mac OS X|mi 全角カタカナを半角カタカナに一括変換できるエディター

仕事でケータイサイトのページ制作・編集をする都合上、半角カタカナを頻繁に使います。
普段の作業環境はWindowsで、秀丸やEmEditorが全角カタカナを半角カタカナに一括変換できる機能を備えているので重宝しています。

Mac環境で、それを備えたフリーのエディターを探していましたが、見つけることができず、先日JeditXを買ってしまいました。
が、再び探してみるとあるではないですか、miが。

最低限求める機能をすべて備えていました。
半角カタカナ一括変換
grep検索
行番号表示(左サイドに)
ハイライト表示
キーバインド変更

mi
http://www.mimikaki.net/mimi/index.html

Mac OS X|Witch option+tabでウィンドウを切り替える

1) WindowsでいうAlt+Tabを実現できます。

Macではcommand+tabで起動中のアプリケーションを切り替えられますが、
ウィンドウ単位ではないので、たとえば最小化されたウィンドウはそこに表示されず選択することができません。

Witchを使うことで、ウィンドウ単位で切り替えられるようになります

2) option+tabをcommand+tabに割り当てる

さらに、KeyRemap4MacBookを使うことで、option+tabをcommand+tabに割り当てることができます。
設定画面でRemap Tab Key項目のCommand+tab to Option+Tabにチェックをつけます。

3) ダウンロード

Mac OS X|ネットワーク接続時に .DS_Storeファイルを作成をさせない方法

Finderでリモートのファイルサーバにアクセスすると、自動的に「.DS_Store」が作成されてしまいます。

作成されないようにするには、次の手順に従って設定します。

この手順は、SMB/CIFS、AFP、NFS および WebDAV サーバにアクセスする際に有効です。

1) 手順

  1. 「ターミナル」を開きます。
  2. 次の通り入力します
    1
    $ defaults write com.apple.desktopservices DSDontWriteNetworkStores true
  3. リターンキーを押します。
  4. コンピュータを再起動します。

同一コンピュータ上の他のユーザに対しても同様の処理を行ないたい場合は、
個々のユーザのアカウントでログインし上記の手順を実行するか、
修正された com.apple.desktopservices.plist を対象ユーザの
「/ライブラリ/Preferences」フォルダにコピーします。

以上の手順を実行しても、Finderがローカルボリュームに対して「.DS_Store」ファイルを作成することは抑制されません。
リモートのファイルサーバにすでにコピーされている「.DS_Store」が削除されることもありません。

2) 試した環境

Mac OS X 10.5

3) 引用元 Appleサポート

http://support.apple.com/kb/HT1629?viewlocale=ja_JP

vimgrepでファイル横断検索をする方法

秀丸のgrep検索のように、検索結果一覧から対象ファイルにジャンプすることもできます。

vimを起動してコマンドモードにしたら

1
:vimgrep 検索ワード 検索先

と実行します。

1) 書式

1
:vim[grep][!] /{pattern}/[g][j] {file} ...
  • 検索ワードには正規表現が使えます。

2) vimgrepのマニュアル

    1
    :help vimgrep

    3) 続きを読む vimgrepでファイル横断検索をする方法

    Linuxパッケージ管理コマンド apt-get、yum、port、portsの比較

    Linuxのパッケージ管理コマンドの代表例を簡単に比較しました。

    Linuxを覚え始めたばかりの頃は、Linuxに系統(ディストリビューション)があり、
    しかもパッケージ管理コマンドが異なるなんて気づかず多少つまづくことがあります。

    まずは、自分が使っているLinuxのディストリビューションを調べましょう。

    そうしないと、Ubuntuでyumコマンドを実行してコマンドが見つからずインストールできないとかなってしまいます。
    続きを読む Linuxパッケージ管理コマンド apt-get、yum、port、portsの比較

    Mac OS XのTerminalでscreenのバッファーをマウスでスクロールする方法

    Mac OS XのTerminal.appでscreenのスクロールバッファをスクロールバーで操作できなくて困っていたのですが、
    「.screenrc」ファイルに下記の記述することでできるようになりました。

    1
    termcapinfo xterm* ti@:te@

    ファイルは、自分のホームディレクトリに置きます。

    1
    ~/.screenrc

    ■環境
    Mac OS X 10.5