「IT」カテゴリーアーカイブ

INTEL NUC5i3RYHのCPUファンの軸にグリースを塗って異音を解消

INTEL NUC5i3RYH

1. 目次

2. 環境

2-1. デスクトップPC INTEL NUC5i3RYH

2-2. 搭載されているCPUファンの情報

メーカー DELTA ELECTRONICS, INC
DC BRUSHLESS
型番 BSB0550HP-SM
DC 05V、0.40A
MADE IN CHINA

INTEL NUC5i3RYHのCPUファンBSB0550HP-SM

 

3. 概要

INTEL NUC5i3RYHを2015年5月から使い始めて5年経過。
負荷がかかって高速回転しても静かだったCPUファンからカタカタカタと異音がし始めた。

考えられる原因は、ほこり詰まり、羽根の破損、軸の磨耗・歪み、コイル周りの破損などなど。

4. 今回の解決策

ファンの軸にシリコングリースを塗って改善した。

5. 対処

5-1. まずはほこり除去

エアーダスターでファン、ヒートシンクフィンの埃を吹き飛ばした。
改善されず。

5-2. さらに原因を探り解消するためにファン分解

ファンにたどり着くには、マザーボードをケースから取り出す必要があります。
INTEL NUCの分解はプラスドライバーでネジを外すだけなので簡単です。
ただしCPUファンを分解するには「00番」サイズのプラスドライバーが必要です。
無印良品のドライバーセット8本組に含まれています。

1) 底面のネジを4本緩めケースを開ける。

2) マザーボードのネジを2本外し、マザーボードをケースから取り出す。

3) CPUファンのネジを2本外しファンを外す。

4) CPUファンの金属カバーのネジを1本外し金属カバーを外す。

これでファンをコイルから外すことが出来ます。

5) エアーダスターでファン、ヒートシンク周りの埃を除去する

幸い大きな埃は詰まっていませんでした。
ファンの破損も、軸の歪みもなさそうです。

6) ファンのすす汚れを除去する

ファンをコイルから外し、ファンの軸周りのすす汚れを綿棒などで除去しきれいにします。
グリースも除去されるので、このままファンを戻して稼働させてみると、当然ですがうるさいです。

7) ファンの軸にシリコングリースを塗る

ファンの軸にシリコングリースをちょこっと塗りました。
厚く塗りすぎるとファンが回転しなくなります。

8) コイルにファンをかぶせて動作確認。

完全に再組立てする前に、ファンの動作確認をします。
低速で回転し始め、静かに動作しました。

9) 再組立て

逆の手順で再組立てします。
作業中、無線LANのアンテナが外れたのでそれも元に戻します。

10) ファンの回転速度とCPU温度チェックします。

ファンの回転速度のチェックはBIOS画面かWindowsアプリのCPUID HWMonitorなどでおこなえます。

ファンが静かなのはファンが回っていなかったからなんてことが無いように、きちんと確認します。
普段利用時、ファンの回転速度は3000回転ほどなので、そこに達したら合格とします。
達しなかったらグリースの塗りすぎでかもしれません。余分なグリースを拭き取りましょう。

数百回転から徐々に回転数が上がり、無事、3000回転で安定しました。
異音の発生も無く静かに動作しています。
CPUの温度は50度前後。

1週間ほど様子を確認します。

以上

HDMI出力からDisplayport入力の接続は特殊な変換アダプタがないと映らない。

1. 目次

2. 環境

  • デスクトップPC INTEL NUC8I3BEH
  • OS Windows 10 Pro 64bit
  • モニター DELL U2412M

3. HDMI出力からDisplayport入力の接続は特殊な変換アダプタがないと映らない。

出力側(PC)は、HDMI
入力側(モニター)は、Displayport

このような時、単純に両端がHDMI端子とDisplayport端子のケーブルで繋いでも映らない(No Signalとなる)

映すには次のような電源給電用のUSBも付いている変換アダプタが必要。
SANWAサプライ AD-DPFHD01

4. 逆にDisplayport出力からHDMI入力なら1,000円程の変換ケーブルで対応可能。

Windows10 PCのハードウェア移行(OSのライセンス再認証で「slui 3」コマンド実行)

1. 目次

2. 作業概要

  • 移行前のOSをインストールしてあるSSDを、移行後のPCにそのまま載せ替える
    (OSの再インストール無しで稼働させる)
  • OSのライセンス再認証には「slui 3」コマンドを実行する。

3. 環境

3-1. 移行前

  • ノートPC DELL inspiron 1520

3-2. 移行後の主な構成

  • デスクトップPC INTEL NUC8I3BEH
    (第 8 世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー搭載インテル® NUC ミニ PC )
    仕様
    サポート情報
  • OS Windows 10 Pro 64bit
    (Windows7から無償アップグレードで取得した)
  • SSD CFD CSSD-S6T256NHG6Q(TOSHIBA THNSNJ256GCSU)
  • メモリー CFD D4N2666CM-8G
  • 電源ケーブル BUFFALO BSACC0802BKA 3ピンソケット(メス)⇔2ピンプラグ(オス) 20cm
  • モニター DELL U2412M
  • モニターケーブル Cable Matters USB Type C DisplayPort 変換ケーブル 201036-BLK-1.8m-J

4. 実践

4-1. 既存環境確認

1) 現行PCの型番メモ

2) アップグレード元のWindows7のプロダクトキー

  • Windows7から無償アップグレードしている場合は、Windows7のプロダクトキーを用意しておく。
  • 下記の手順で確認するWindows10 プロダクトキーは不要
    フリーウェアツール「Download Windows Product Key Viewer」を使ったプロダクトキーの確認
    Windows Product Key Viewer v1.07
    http://www.rjlsoftware.com/software/utility/winproductkey/download.shtml

3) インストール済みOSのBIOSモードの確認(レガシかUEFIか)

  • 結果:レガシ
  • 確認方法
    Windows状にてキーボード Win+Rキー を同時に押す -> ファイル名を指定して実行 -> 「msinfo32」と入力してOKを押す。
    システム情報画面開くので -> システムの要約 -> BIOSモードにて確認

手順参考

4-2. 移行前PCからSSDを取りだす。

4-3. 移行後PCにメモリを取り付ける。

4-4. 移行後PCにSSDを取り付ける

4-5. PCとモニターをケーブルで繋ぐ

出力側(PC)は、USB-C (DP1.2)
入力側(モニター)は、Displayport

4-6. 移行後PCの電源を入れ、BIOSで起動ディスクの設定をする

BIOSモード
レガシBIOSの場合

BIOS設定に入るには キーボードの「F2」を押す。
Boot Order -> Legacy
「Legacy Boot」にチェックを入れる。

4-7. memtest86+にてメモリチェック

結果:エラー無し

4-8. Windows起動

特に問題無くWindowsの起動に成功。

4-9. OSのライセンスの再認証

ハードウェアをごっそり替えたのでOSの認証状態が「Windowsはライセンス認証されていません」となる。
なのでライセンスの再認証をおこなう。

1) Windowsの設定から

Windowsの設定->更新とセキュリティ->ライセンス認証->トラブルシューティング->
トラブルシューティングが完了しました->このデバイス上のハードウェアを最近変更しました->

2) 結果:ライセンス認証できませんと表示される

Windows をライセンス認証できません
Windows を再度ライセンス認証することができません。現在、弊社のサーバーが利用できないためです。数分間待機するか、Microsoft アカウントをもう一度追加してみてください。

3) 別の方法(「slui 3」コマンド)を試す

Winキー+R ->ファイル名を指定して実行->「slui 3」 と入力して OK をクリック。
すると、プロダクトキーを入力するダイアログが登場するので、アップグレード元のWindows7のプロダクトキーを入力する。

4) 無事成功し下記の内容が表示された。

Windowsはライセンス認証済みです。
このWindowsがライセンス認証されました。

4-10. ドライバーインストール

最後にNUCのドライバーをインストールして完了。
ダウンロード

以上

70代の母がLINEを使うためにガラケーからSIMフリースマホ(moto e5)へ乗り換え

1. 目次

2. はじめに

スマホへ乗り換えるにあたり、だめそうだったらガラケーに戻ればよいくらいの気持ちでいましたが、
ガラケーに戻ること無くスマホを使っています。

3. 選んだ端末はmotorola moto e5。

  • 1万円代で購入できるので試しに購入しやすい。
  • メーカー独自のカスタマイズがされておらずほぼ素の状態。
  • ロックも掛けたかったので解除操作がしやすい指紋認証付き。
  • SIMが2枚させDSDS対応なのでデータ通信量が常に2GBを超えるようになった際にはMVNOのSIMを挿す。

京セラのBASIO(かんたんスマホ)がSIMフリーで2万円前半で販売してくれたら嬉しいのですが。

4. キャリア、端末

  • キャリア Docomo
  • 端末 SIMフリー motorola moto e5
  • OS Android8

5. ガラケーで使っていた次の機能も引き続き使う

電話、電話帳、SMS、カメラ

6. どんな機能、操作が分かりづらかったか。

6-1. 操作のアイコンが絵だけなので意味が分からない

絵+文字だと分かりやすい

6-2. Google連絡帳アプリ

  • アドレス一覧でアドレスを探すときに、あかさたなのインデックスが常時表示されていない。
  • スクロールしないとインデックスが出てこない。

6-3. Google電話アプリ

  • 起動時にダイヤルパッドが表示されない。

6-4. 電話の着信の応答方法。

  • ロック画面、ホーム画面(アプリ使用中)で応答方法が異なる。
  • ロック画面での着信では、応答アイコンをスライドするが、スライドがうまくできない。
  • ホーム画面での着信では、ステータスバーに着信のお知らせが表示されるが応答する前に引っ込んでしまう。
    応答するにはステータスバーのおろす必要があるが、あせっていると出来なくなる。
  • 応答に成功しても、画面を連打して、通話終了アイコンをタッチしてしまう。

7. なるほどと思った使い方

7-1. 無料のEメールよりも有料のSMS

  • ガラケー時代からですが、今でもSMSを使います。
    (ハングアウト、LINEを使える相手以外)
  • Eメールアドレスを知らなくても電話番号を知っていればメッセージ交換ができるのが便利。
  • 有料でも操作のしやすい機能を使うようです。

7-2. google検索では文字入力よりも音声入力を使う

キーボード入力に慣れていないせいもあるかもしれませんが
音声入力を率先して使います。

7-3. アドレス帳登録では1件1番号

  • アドレス帳の一覧での探しやすさのため。
  • 例えば
    Aさんの固定電話と携帯電話を別々のアドレスデータとして登録する。
    Aさん 固定電話
    Aさん 携帯電話

8. インストールしたアプリと利用目的

カメラ、写真閲覧などの基本アプリはGoogle製のアプリを使っています。

8-1. Nova Launcher

  • ホームアイコンの表示数を3列5行にする。
  • アイコン自体の大きさ、アイコンの文字を大きくする。
  • ホームアイコンをロックしアイコン誤移動を防ぐ。

8-2. スマート電話帳(ROPROP71)

  • あかさたなが常に表示されている

8-3. 電話のみ(現在は公開されていない)

起動時に常にダイヤルパッドが表示される。

  • アプリの誤インストール防止。本人または他人に勝手にアプリをインストールされるを防ぐ。

8-5. Google日本語入力

  • なぜGboardではないのか?
    Gboardではキーボードの上部に各種設定アイコンが常時表示されており、誤タッチしてしまう。
    (着せ替え、設定、片手モード、翻訳などのショートカットアイコン)

8-6. Silent Mode Toggle

  • マナーモードをアイコンタッチで切替えるため。

8-7. googleハングアウト

親とメッセージをやりとりするため。
LINEよりもインターフェースがシンプル。
複数端末で利用できる。
余計な広告がない。

8-8. LINE

ASUSTORのNAS AS-202Tにてステータス異常HDDを交換(RAID1)

1. 目次

2. 概要

ASUSTORのNAS AS-202Tにて
RAID1を構成しているボリュームのHDDにて、2台中の1台のステータスが異常になった。
SMART情報での異常箇所は「Current_Pending_Sector」。
2台中1台のディスクに異常があっても、ボリューム自体のステータスは良好。

新しいHDDに交換することにした。

交換手順は
交換後のHDDの容量を元のHDDよりも大きいものにしたため、
ASUSTORの「既存のハードディスクをより大きなディスクに置き換える」を参考にした。
https://www.asustor.com/ja/online/College_topic?topic=352#31

もし同容量だったり容量拡張をしないなら、故障したHDDを外し、新しいHDDに差し替えるだけで再構築と同期が始まるのかもしれない。

3. 交換後のHDD

モデル SEAGATE ST3000VN007-2AH16M
SMART情報 正常

4. ステータス異常ディスク

モデル WDC WSD20EFRX-68EUZN0
ステータス 異常
SMART情報 不良

5. 異常時のストレージのボリューム情報

  • Volume 1
    RAIDレベル RAID1
    ステータス 良好

  • ディスク番号1
    モデル WDC WSD20EFRX-68EUZN0
    ステータス 異常(メディアエラー)
    SMART情報 不良

  • ディスク番号2
    ステータス 良好
    モデル WDC WD20EFRX-68EUZN0
    SMART情報 正常

6. NAS本体の情報

モデル AS-202T
プロセッサ Intel Atom 1.20 GHz Dual-Core Processor
メモリ 512.00 MB
ADMバージョン 3.4.1.R7Q6
BIOSバージョン 0.28 / 1.0023

7. 実践:HDD交換

HDD交換時、NASの電源を落とす必要は無し。

7-1. NASの管理画面にWebブラウザでアクセス

7-2. ボリュームのセットアップウィザードを開く

ストレージマネージャ->ボリューム->管理->RAID

1) ウィザード1

選択 「ボリューム1の既存のディスクをそれ以上大きいディスクと交換してください」
次へ

2) ウィザード2

ボリューム容量を拡大するための手順
1.古いディスクを取り外し、新しいディスクと交換します。NASはデータを新しいディスクへの同期を開始します。
2.同期が完了すると、[ステータス]フィールドの指示に従って次のディスクを交換します。
3.すべてのディスクの交換が終了したら、[容量の拡大]をクリックしてボリュームを拡大します。
[終了]をクリックして最初のディスクをの交換を開始し[ステータス]フィールドの指示に従って残りのディスクを交換します。

7-3. ステータス異常ディスクを取り外した。

この時、ボリュームのステータスは「劣化」に変化する。

7-4. 同じスロットに新しいディスクを差し込んだ。

この時、ボリュームのステータスは「再構築中」に変化する。
ディスクのステータスは「同期化中」
同期残り時間 推定4.5時間

7-5. 同期完了後

無事に同期が完了した。

ボリュームのステータス 良好。ディスクを容量の大きなものと交換してください。
ディスク1のステータス 良好
ディスク2のステータス 交換が終わるまでお待ちください。

7-6. 今回は容量を拡張しないので「中止」で作業完了。

ストレージマネージャ->ボリューム->「中止」をクリック

ボリュームのステータス 良好
ディスク1のステータス 良好
ディスク2のステータス 良好

Windows10の更新後、Bluetoothが「不明なUSBデバイス(デバイス記述子要求の失敗)」になった

1. 目次

2. 環境

  • OS
    Windows10 Pro 64bit

  • ハードウェア
    intel NUC5i3RYH
    BluetoothアダプタはWireless-AC 7265に内蔵

3. 症状

Windows10の更新プログラム「KB4497935」を適用したらBluetoothアダプタが認識されなくなり、
デバイスマネージャーで確認したら「不明なUSBデバイス(デバイス記述子要求の失敗)」となっていた。

4. 解決策

4-1. 「Microsoft Windows(KB4497935)の更新プログラム」をアンインストール

Windowsの設定->更新とセキュリティ->更新の履歴を表示する->更新プログラムをアンインストール
一覧から「Microsoft Windows(KB4497935)の更新プログラム」をアンインストール

4-2. Windowsを再起動

無事、Bluetoothアダプタがデバイスマネージャーで認識されたのを確認。

4-3. Bluetoothアダプタのドライバーをアップデート

  • ダウンロード
    インテルWindows 用のワイヤレス Bluetooth10
    バージョン: 21.10.1 (最新) 日付: 2019/05/21
    https://downloadcenter.intel.com/ja/download/28805/-Windows-Bluetooth-10?product=83635

BT_WIN10_64_20.120.2.exe

  • ダウンロードしたファイルをインストール
  • インストール後のBluetoothアダプタのドライバーバージョンの確認
    デバイスマネージャーで確認
    日付 2019/04/17
    バージョン 20.100.5.1

4-4. 「Microsoft Windows(KB4497935)の更新プログラム」を適用

更新プログラム適用後も、Bluetoothアダプタがデバイスマネージャーで認識された。

WordPressのプラグインCodeColorerにてFatal errorが発生する場合はPHP5.6以上に変更する

1. 目次

2. 参考

https://wordpress.org/support/topic/codecolorer-php-5-3-and-invalid-opcode/
https://wordpress.org/support/topic/crashes-after-wp-update-to-4-8-2/

3. 環境

レンタルサーバー「ロリポップ ライトプラン」
PHP 5.3(CGI版)
WordPress 4.9.7
WordPressプラグイン CodeColorer 0.9.15

4. 状況

WordPressのプラグインCodeColorer適用した状態で、ページアクセス時にCodeColorerのタグを使っている箇所でFatal errorが発生する

5. 解決方法

PHPのバージョンを5.6以上に変更します。
PHP5.3でエラーが発生していました。

6. エラー内容

7. エラー発生場所

CodeColorerの設定画面の「Code Example」の箇所。
WordPressのページにて、CodeColorerのタグを使っている箇所。

AirMac ExtremeにAndroid端末からWPS PINで無線LAN接続する(ワイヤレスクライアントを追加)

1. 目次

2. 環境

Windows10 Pro 64bit
Wi-Fiアクセスポイント AirMac Extreme 7.7.8
AirMacユーティリティ for Windows 5.6.1
クライアント Android6.0の端末(今回使った端末Moto G 3rd)

3. はじめに

AirMacユーティリティでのWPSに該当する機能は「ワイヤレスクライアントを追加」です。

4. 手順

4-1. AirMacユーティリティにてクライアントのPINコードを入力する

「ワイヤレスクライアント設定アシスタント」設定画面を開く
AirMacユーティリティを起動 -> メニューバー -> ベースステーション -> ワイヤレスクライアントを追加

4-2. クライアントにてPINコードを取得する

設定画面 -> Wi-Fi -> 三点リーダー -> 詳細設定 -> WPS PIN入力
PINコード(8桁の数字)が表示されるので前手順の入力画面にて入力する

以上

Bootcampで作成したWindows10で発生するVSS(シャドウコピー)エラー0x80042306を解決する

1. 動作環境

  • Windows10 Professional 64bit

2. 状況

Windows10の「バックアップと復元」やMacrium reflectなどのシステムイメージ作成機能を実行するとVSS(シャドウコピー)に関するエラーが発生しバックアップが完了しない。

3. この解決法が適用される環境

BootcampでインストールしたWindows10をシステムバックアップ。
そのバックアップを使ってWindows用マシンにリストアしWindowsを稼働している環境。

4. 解決方法

  • Sysinternals Autorunsをダウンロードし、適当なところにファイルを解凍する。
    ダウンロード

  • Autorunsを管理者権限で起動する

  • Filterでapplehfs.sysを入力する
    AppleHFSが抽出されるので、そのチェックマークを外す。

  • Windowsを再起動する。

これで無事、システムイメージが作成できるようになりました。

5. エラー内容

5-1. エラー内容 Macrium reflect

5-2. エラー内容 バックアップと復元

6. 参考にしたサイト

音声合成 ディクテーション ノート「D note」

ディクテーションの書き取りに特化したサイト「D note」のご紹介です。

Web Speech APIを使って英文の音声合成も備えています。

http://dnote.sakura.ne.jp/

特徴
正解文を音声再生することができます。(要Chromeブラウザ)
履歴を残したり、未完了のものだけを抽出できるため復習に最適です。
正解文、訳、メモをノートすることができます。
ディクテーションサイトやリスニング教材などはお好みのものを別途ご用意ください。