Windows 10 フォーマットできないUSBメモリをディスク管理でフォーマットする方法

目次

概要

他のOSやアプリでフォーマットしたUSBメモリをWindows 10のPCに挿した際にエクスプローラー上で表示されなかったりフォーマットできないことがあります。

そのような場合の解決方法としてWindows 10の「ディスクの管理」機能でUSBメモリのボリュームを再作成しフォーマットする方法を紹介します。

これに関連して、USBメモリやSSDをWindowsでフォーマットすると商品カタログの容量よりも減る理由についても後半で紹介します。

下記の症状に有効です

  • エクスプローラーにUSBメモリが表示されない。
  • エクスプローラーからフォーマット処理を開始すると「Windows はフォーマットを完了できませんでした。」となりフォーマットできない。
  • フォーマット画面で容量表示が「不明な容量」になる。
  • デバイス(ドライブ)のプロパティ画面で使用領域と空き領域が「0バイト」と表示される。
  • 分割されたパーティション、ボリュームを一つにまとめたい。
  • 容量が64GB以上のUSBメモリなのに32GBまでしか認識されない。


「Windows はフォーマットを完了できませんでした。」画面


デバイス(ドライブ)のプロパティ画面で使用領域と空き領域が「0バイト」と表示される。

作業PCの構成

デスクトップPC Intel NUC5i3RYH

  • CPU Intel Core i3-5010U (第5世代。3M Cache、2.10GHz)
  • 搭載したメモリー 2x8GB 1.35V DDR3L-1600(PC3L-12800) SO-DIMM
  • 対応メモリー DDR3L-1333/1600 1.35V SO-DIMM。最大16GB。
  • GPU Intel HD グラフィックス 5500
  • 映像出力端子 Mini-DP 1.2、Mini-HDMI 1.4a
  • 導入年月 2015年5月

OS Windows 10 Pro 64bit バージョン 21H1

USBメモリ Kingston DataTraveler 100 G3(DT100G3) 容量16GB

今回使ったUSBフラッシュドライブと同類の製品

スライドカバー式のUSBメモリ。キャップを無くす心配がありません。

Amazon | Kingston USBメモリ 32GB USB3.0 DataTraveler 100 G3 DT100G3/32GB 5年保証
Amazon

「ディスクの管理」でUSBメモリをフォーマットする手順

「ディスクの管理」画面を起動する

Windowsにてキーボード「Win+X」キー を同時に押す
または画面左下のWindowsアイコン(スタートアイコン)を右クリックする


「ディスクの管理」をクリックする


ディスクの管理画面

新しいシンプルボリュームを作成しフォーマットする

今回作業対象となるUSBフラッシュドライブは「ディスク 2 リムーバブル(D:) 14.65GB オンライン」です。

ディスク番号やドライブ文字(「C:」や「D:」などの文字)は環境によって異なるのでご自分の環境に置き換えて作業を進めます。
シンプルボリュームの削除や作成で、ディスクに保存されていたデータは消去されます。
誤って他のディスクのデータを削除しないためにも、取り外し可能な他のディスクは外しておきます。


対象ディスクの「未割り当て」区画を右クリックしてコンテキストメニューを表示する -> 「新しいシンプルボリューム」をクリックする


ボリュームのサイズ指定
必要なサイズを指定します。ここでは初期値で進めます。
「次へ」をクリックする


ドライブ文字またはパスの割り当て
任意のドライブ文字を割り当てます。ここでは空いている「U」を割り当てることにしました。
「次へ」をクリックする


パーティションのフォーマット
ここではボリュームラベル名以外は規定値で進めることにしました。

[選択する] このボリュームを次の設定でフォーマットする
ファイルシステム 「FAT32」
次の時はNTFSやexFATを選びましょう。

  • 1ファイルで4GBを超えるファイルをやりとりする場合。
  • 32GBを超える容量のUSBメモリをあつかう場合。
    FAT32で認識できる最大容量は32GBです。例えば64GBのUSBメモリをFAT32でフォーマットすると使えるストレージ容量は32GBまでとなります。

アロケーション ユニット サイズ 「規定値」
ボリュームラベル 「USB Memory」
[選択する] クイックフォーマットする
「次へ」をクリックする


新しいシンプルボリューム ウィザードの完了
内容を確認して問題が無ければ「完了」をクリックする
(「完了」をクリックするとフォーマットが開始されます)


ディスクの管理画面
シンプルボリュームの作成とフォーマットが完了した状態の画面です。
対象のディスクが「正常(プライマリ パーティション)」になっていれば成功です。


エクスプローラーでデバイスのプロパティを確認します。
エクスプローラーでFドライブを右クリック -> 「プロパティ」をクリック
ドライブ文字「U」が割り当てられ、容量は14.6GBとなり意図する結果となりました。

商品カタログ上16GBのUSBメモリをWindows PCでフォーマットすると「約14.9 GB」と減る理由は、次の項をご覧ください。

補足:USBメモリやSSDをWindows PCでフォーマットすると商品カタログの容量よりも減る理由

フォーマット時のファイルシステムを適正に選んだ上で、商品カタログの容量とWindows PCでの容量表記に差が生じるのは、商品カタログ上の容量は国際単位系(SI)の10進数で計算、Windowsでは2進数で計算しているためです。
決して商品カタログが容量を偽っているわけではありませんのでご注意ください。また不具合でも故障でもありません。

商品カタログ上の容量が16GBのUSBメモリの場合

  • 商品カタログ上の容量
    まずカタログ上の容量をSIでByteに変換
    16,000,000,000 Byte = 16GB x 10の9乗
    になります。

  • Windows PC上の容量
    2進数でGB(ギガByte、Giga Byte)に変換すると
    14.9 GB = 16,000,000,000 Byte / 2の30乗
    になります。
    KB、MB、GBと順に計算すると下記になります。
    1KByte(KB)は1,024Byte(1,024は2の10乗)です。
    15,625,000 KB = 16,000,000,000 Byte / 1,024
    15,258 MB = 15,625,000 KB / 1,024
    14.9 GB = 15,258 MB / 1,024

商品カタログ上の容量が3TBのSSDやHDDの場合、差は約300GB
もしカタログ上3TBのSSDやHDDだと、Windows PCでの容量は約2.72TBになります。約300GBの差となります。

  • 商品カタログ上の容量
    まずカタログ上の容量をSIでByteに変換
    3,000,000,000,000 Byte = 3TB x 10の12乗

  • Windows PC上の容量
    次に2進数でTBに変換
    2,929,687,500 KB = 3,000,000,000,000 Byte / 1,024
    2,861,022 MB = 2,929,687,500 KB / 1,024
    2,793 GB = 2,861,022 MB / 1,024
    2.72 TB = 2,793 GB / 1,024

以上

おすすめのUSBメモリ

「USB 3.0」「USB 3.1 Gen 1」「USB 3.2 Gen 1」は同じ規格です。
USBメモリの転送速度を最大限発揮するには、PC側もUSB3.0に対応している必要があります。
[関連] USB 3.0、3.1 Gen 1、3.2 Gen 1は同じ転送速度。名称と速度早見表

64GB以上利用時のフォーマット形式
Windows 10において、容量が64GBが32GBまでしか認識されていない場合、FAT32形式でフォーマットされている可能性があります。
64GB以上認識されるようにするにはexFATやNTFSでフォーマットしなおします。
[関連]

USBメモリはSSDに比べて寿命は短く速度が遅い
USBメモリとSSDは記憶媒体にNAND型フラッシュメモリを用いる点は同じですが、USBメモリはSSDに比べて寿命は短く速度が遅いです。
また長期間の放置でデータが消失するので、データを長期保存する用途には向きません。
USBメモリはあくまでもデータの短期保存や、コピーしたデータを移動するためのツールとしてご利用ください。

比較的 耐久性が高いのはSLCとMLC
データをNAND型フラッシュメモリの種類には耐久性が高い順に主に次の4種類があります。
SLC > MLC > TLC > QLC
SLCとMLCは耐久性が高く、価格も高価です。TLC、QLCは低価格、大容量を実現しています。
2022年現在、メーカー側で特に記載が無い場合はTLCかQLCと考えられます。

筆者は、Windowsインストール用のインストールメディア作成やドライバーの保存などの書き頻度の低い用途では、1000円ほどの容量32GBのUSBメモリを利用しています。

連続読込速度 最大200MB/s


Amazon | キングストン 高速USBメモリ 32GB USB3.2(Gen1)/3.1(Gen1)/3.0 キャップレス 最大転送速度 200MB/s DataTraveler Kyson DTKN/32GB
Amazon
[最大連続読込]
容量 32GB~64GBは 200MB/s
容量128GB~256GBは 200MB/s
[最大連続書込]
容量 32GB~64GBは 非公開
容量128GB~256GBは 60MB/s

 


Amazon | 【 サンディスク 正規品 】5年保証 USBメモリ 32GB USB 3.0 スライド式 SanDisk Ultra 読取最大130MB/秒 SDCZ48-032G-JA57
Amazon
[最大連続読込] 130MB/s

連続読込速度 最大100MB/s


Amazon | 【 サンディスク 正規品 】5年保証 USBメモリ 32GB USB3.2(Gen1)/3.1(Gen 1)/3.0 超小型 SanDisk Ultra Shift 読取最大100MB/秒 SDCZ410-032G-J35
Amazon
[最大連続読込] 100MB/s

 


Amazon | エレコム USBメモリ 32GB USB3.2(Gen1) ノック式 ブラック MF-PKU3032GBK/E
Amazon
[最大連続読込] 100MB/s

連続読込速度 最大90MB/s

発売日 2020年4月

Amazon | バッファロー【国内メーカー】 USBメモリ 32GB ノックスライド式 USB3.2(Gen1)/3.1(Gen 1)/3.0/2.0 充実サポート RUF3-KS32GA-BK/N【Amazon.co.jp限定】
Amazon
[最大連続読込] 90MB/s

 

発売日 2017年4月

Amazon | BUFFALO ノックスライド USB3.1(Gen1) USBメモリー 32GB ピンク RUF3-KS32GA-PK
Amazon
[最大連続読込] 90MB/s

速度 非公開 USB3.0


Amazon | トランセンド USBメモリ 32GB USB 3.1 スライド式【データ復旧ソフト無償提供】PS4動作確認済 TS32GJF790KBE【Amazon.co.jp限定】
Amazon
[最大連続読込] 非公開

 


Amazon | キングストン Kingston USBメモリ 32GB USB3.2(Gen1)/3.1(Gen1)/3.0 キャップ式 DataTraveler Exodia DTX/32GB
Amazon
[最大連続読込] 非公開

 


Amazon | KIOXIA(キオクシア) 旧東芝メモリ USBフラッシュメモリ 32GB USB3.2 Gen1 日本製 国内正規品 Amazon.co.jpモデル KLU301A032GW
Amazon
[最大連続読込] 非公開

高耐久MLCチップ採用

高耐久SLCチップ採用

M.2 PCIe NVMe SSDを検討する

2021年現在、ノートPCのストレージはM.2 PCIe NVMe SSDが主流になりつつあり、1TBも入手しやすい価格になりました。

転送方式がPCIe3.0x4の場合、規格上の最大転送速度は約4GB/sです。
エントリーモデルはシーケンシャル読み取りと書き込みは1000MB/s台となりますが、SATA3.0の最大速度600MB/sよりも充分高速です。価格も発熱も控えめです。
ハイエンドモデルは規格上の最大速度に近づく分、熱暴走を防ぐための放熱対策が重要になります。


Amazon | M.2 PCIe NVMe SSDの一覧を見る
Amazon

M.2 SATA SSDを検討する

HDDよりも高速で低発熱なSATA SSDは、HDDからの乗り替えに最適です。
転送方式がSATA3.0の規格上の最大転送速度は600MB/s(6Gbps)です。


Amazon | M.2 SATA SSDの一覧を見る
Amazon

2.5インチ SATA SSDを検討する


Amazon | 2.5インチ SATA SSD一覧を見る
Amazon

広告
広告
デル株式会社
広告

Amazon プライム対象