BIOSでVT-dを無効にしてDRIVER VERIFIER DMA VIOLATIONを回避する。Windows 10 ブルースクリーン on Intel NUC NUC8i3BEH

目次

概要

CPUにIntelの第8世代Core i3を搭載したPC「Intel NUC NUC8i3BEH」のBIOSをアップデート後、Windows 10の起動途中でブルースクリーンが発生し起動不能となりました。
そこでBIOS設定で「Intel VT-d(Intel VT for Directed I/O)」を無効にすることで無事起動するようになりました。

この投稿では、BIOSで「Intel VT-d」を無効にする手順と、その解決策に至った経緯を紹介します。

ブルースクリーンに表示された全内容

デバイスに問題が発生したため、再起動する必要があります。自動的に再起動します。

この問題と可能な解決方法の詳細については、以下を参照してください。https://www.windows.com/stopcode

サポート担当者に連絡する場合は、この情報を伝えてください:
停止コード: DRIVER VERIFIER DMA VIOLATION


実際の画面

PC環境

OS Windows 10 Pro 64bit

  • バージョン (ビルド) 21H1 (10.0.19043)

デスクトップPC Intel NUC NUC8I3BEH

  • CPU Intel Core i3-8109U (4M Cache、3.00GHz)
  • 起動ディスク 2.5インチ SATA SSD。CFD CSSD-S6T256NHG6Q(中身はTOSHIBA THNSNJ256GCSU)
  • SATAモード SATA AHCI
  • 起動モード レガシ

更新後のBIOS

  • ID 19303
  • 日付 6/21/2021
  • バージョン 0089
  • 適用したファイル be0089.bio

更新前のBIOS

  • 日付 5/4/2020
  • バージョン 0081
  • 適用したファイル BE0081.bio


NUCボードの型番と更新後のBIOSバージョン
NUCのKitとしての型番はNUC8I3BEHですが、ボード自体の型番はNUC8BEBです。


SATAのモード確認

BIOS設定で「Intel VT-d」を無効にする手順

BIOS設定画面に入るには、PCの電源を入れ、Windowsが起動する前の画面で「F2」キーを押します。
PCによってBIOS設定画面に入るためのキーは異なりますのでご利用のPC、マザーボード等の説明書をご確認ください。


Advanced -> Security -> Security Features
[チェックを外す] Intel® VT for Directed I/O (VT-d)

「F10」キーを押して設定を保存、BIOSを終了します。

今回の解決策に至った経緯

解決の糸口を探すべく、適用したBIOS バージョン0089のドキュメントの一つ「ユーザーガイド(be0089_uqi_list.txt)」を確認しました。

そこにはBIOSの設定項目一覧と初期値に関する情報が記載されており、ブルースクリーンの停止コードにあったワード「DMA」をテキスト検索したところ下記の「Intel VT-d」の設定が見つかりました。

[引用]

[07dd] - CHECK BOX 

        Intel® VT for Directed I/O (VT-d)
        -------------------------------------------------------------------------------
        Enables or Disables Intelョ VT for Directed I/O (VT-d) which provides additional hardware support for managing I/O virtualization. If Enabled, BIOS will publish a DMA Remapping ACPI table.
            0  :  Disable
            1  :  Enable    (default)

[出典] BIOS バージョン0089のユーザーガイド (be0089_uqi_list.txt)(テキストファイル、IntelのWebサイト)

そこで、BIOSを確認したところEnable状態だったのでDisableにしBIOS設定を保存、終了。PCを再起動し無事にWindowsが正常に起動しました。

参考

IntelのWebサイト | インテル® NUC キット NUC8i3BEH
仕様、ダウンロード、サポート情報があります。

インテル NUC キットのBIOSダウンロードとドキュメントページ
対象 NUC8i7BE、NUC8i5BE、NUC8i3BE

BIOS バージョン0089のドキュメント類

以上

内蔵SSDを検討する

2021年現在、ノートPCのメインストレージは2.5インチSSDよりもコンパクトなM.2 PCIe NVMe SSDが主流になりつつあります。

M.2 SSDのエントリーモデルは、低価格化が進み、2.5インチSATA SSDとの価格差が縮みました。価格も発熱も控えでありながら、シーケンシャル読み取りと書き込みは1000MB/s前後あり、2.5インチSATA3.0 SSDの最大速度600MB/sよりも高速です。
ハイエンドモデルは、規格上の最大速度に近づく分、熱暴走を防ぐための放熱対策が重要になります。

2.5インチSSDは2.5インチSATA HDDからの乗り換えに最適です。
動作が遅いと感じてきた2.5インチSATA HDDを搭載した数世代前のノートPCであれば、2.5インチ SATA SSDに交換することで、速度向上と静音化を期待できます。

M.2 PCIe NVMe SSD


q?_encoding=UTF8&ASIN=B07ZPRV8JY&Format=_SL160_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=onk01-22&language=ja_JP
「M.2 PCIe NVMe SSD」を次のWebサイトで探す

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

M.2 SATA SSD


q?_encoding=UTF8&ASIN=B07SPF4H3V&Format=_SL160_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=onk01-22&language=ja_JP
「M.2 SATA SSD」を次のWebサイトで探す

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

2.5インチ SATA SSD


q?_encoding=UTF8&ASIN=B077PPN5NN&Format=_SL160_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=onk01-22&language=ja_JP
「2.5インチ SATA SSD」を次のWebサイトで探す

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

USB接続 M.2 SSDケースを検討する

対応転送速度別に紹介します。
M.2 SSDのケース選びの際は、M.2 NVMeとM.2 SATAのどちらに対応しているかを確認しましょう。

10Gbps (USB 3.2 Gen 2、3.1 Gen 2)

発売日 2022年1月上旬


M.2 NVMe/M.2 SATA SSD両対応
10Gbps (USB 3.2 Gen 2、3.1 Gen 2)
カバーが無いので厚めのヒートシンクを取り付けたM.2 SSDを組み込めます。

発売日 2022年1月上旬


M.2 NVMe//M.2 SATA SSD両対応
10Gbps (USB 3.2 Gen 2、3.1 Gen 2)

発売日 2021年4月頃


M.2 NVMe//M.2 SATA SSD両対応
10Gbps (USB 3.2 Gen 2、3.1 Gen 2)
Inateckとはドイツで設立された、コンピュータ周辺機器の設計、製造および販売をおこなう企業です。

発売日 2019年11月頃


M.2 NVMe SSD専用
10Gbps (USB 3.2 Gen 2、3.1 Gen 2)


「M.2 NVMe SSD ケース」を次のWebサイトで探す

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

20Gbps (USB 3.2 Gen 2x2、USB4 Gen 3x1)

発売日 2021年3月


M.2 NVMe SSD専用
20Gbps (USB 3.2 Gen 2x2)


「20Gbps M.2 NVMe SSD ケース」を次のWebサイトで探す

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

40Gbps (USB4 Gen 3x2、Thunderbolt 3 or 4)


M.2 NVMe SSD専用
40Gbps


「40Gbps M.2 NVMe SSD ケース」を次のWebサイトで探す

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

PCなしでSSDをコピー。M.2 SSDデュプリケーターを検討する

デュプリケーターはPCを使わずにストレージ間のコピー(クローン)ができる機器です。

M.2 NVMe 専用

M.2 NVMeからSATA (またはSATAからM.2 NVMe)へのコピーに対応

発売日 2022年8月頃

M.2 NVMe SSD、M.2 SATA SSD、2.5インチ&3.5インチSATA SSD/HDD間のコピーに対応

発売日 2022年7月上旬


「M.2 SSDデュプリケーター」を次のWebサイトで探す

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

PCなしでディスクをコピー。SATA HDD、SSDデュプリケーター ピックアップ

デュプリケーターはPCを使わずにディスク間のコピー(クローン)ができる機器です。

発売日 2021年12月下旬


「HDDデュプリケーター」を次のWebサイトで探す

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

SATA USB変換アダプターを検討する

内蔵SATA HDD/SSDをUSB接続の外付けディスクとして利用するための変換アダプターです。

2.5インチ専用

ディスクへの電力供給はUSBポートからバスパワーで供給します。

SATA to USB-A変換

SATA to USB-C変換


「SATA USB 変換アダプタ」を次のWebサイトで探す

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

電源アダプターを用いたセルフパワーで3.5インチHDDにも対応

3.5インチHDDを駆動させるにはバスパワーでは電力不足のため、別途電源アダプターを用いた電力供給が必要です。
電源アダプターを用いたセルフパワー対応なのでUSBバスパワーに比べて安定した電力供給が可能です。

SATA to USB-A変換


Inateckとはドイツで設立された、コンピュータ周辺機器の設計、製造および販売をおこなう企業です。

「ドイツ発祥のInateck製品」を次のWebサイトで探す

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

スタンドタイプ


「SATA SSD HDDスタンド」を次のWebサイトで探す

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

広告
デル株式会社
Dynabook Direct